Nakamoto Packs

中本パックス株式会社



個人投資家の皆様へ

事業の内容

 当社グループ(当社及び関係会社)は、当社、連結子会社11社(国内7社、海外4社)及び持分法適用関連会社1社により構成され、印刷加工(グラビア印刷)、ラミネート加工(ドライラミネート)、コーティング加工及び成型加工による製品の販売を主な事業としております。

食品トレーから自動車内装材、電子機器、工業材まで
独自技術で全天候型グローバル企業を目指す。

 当社グループが目指す「全天候型グローバル企業」は、景況感やこれから迎える人口減少、急速に変化する事業環境に左右されない業績だけでなく、『人にやさしい、地球にやさしい』をキーワードに企業価値を高め、あらゆるステークホルダーから信頼される企業であります。

 当社の強みは、グラビア印刷、ラミネート加工において、2µ~700µと幅広い素材への加工が可能で、特にシート(100µ以上)の印刷、ラミネートにおきましては国内トップシェアであります。

 環境問題対応の最大のテーマとして、プラスチックの中でも特にポリエチレンテレフタレート(PET)樹脂のリサイクル・リデュースを目指し、常に新しい技術に取り組み、顧客に密着したマーケティング活動を行い、グローバル規模で顧客や社会のニーズを先取りしていくことを強力に推進しています。

高剛性薄肉PET容器
NAK-A-PET
 結晶化技術を応用した高剛性薄肉容器の開発を行っています。特に透明容器分野ではポリプロピレン(PP)、ポリスチレン(PS)、PETが主流ですが、従来のPETは耐熱性・剛性に乏しく、用途が限定されておりました。剛性面での薄肉化によりトータルコストやCO2排出量の低減が可能で、食品関連分野や、医療関連分野への拡販を進めています。
超高耐熱PET容器
NC-PET
 PETの改質・ブレンド技術と成型などの加工技術を応用し、超高耐熱容器の開発を行っています。
 グラタンなどオーブン調理のため、採用されていた紙容器を代替すべく、競争力強化を進めています。
ヒートシール性PETフィルム
NS-PET
 プラスチック袋のほとんどは、熱によって溶着成型(ヒートシール)しています。そのためポリエチレン(PE)やPPが採用されていますが、たとえば唐揚げなど油物を入れて加熱すると溶けてしまいます。
 そこでPETの融点の高さを活かすべく、ヒートシールが可能なPET袋の開発を行っています。

事業の内容事業の内容

 
事業系統図

事業系統図



  1. このページの先頭へ

Nakamoto Packs Co.,Ltd.
© Nakamoto Packs Co.,Ltd. All right reserved.